医療法人社団方伎会【石川クリニック】

石川先生のページ 

 ■ 石川先生のページTOPへ >>

略歴

昭和45年3月
東京慈恵会医科大学卒業
昭和47年
中原英臣氏と共に毎日新聞社・日本研究賞を受賞。
昭和50年12月
医学博士の学位を授与される。
昭和52年6月
東京慈恵会医科大学附属第三病院内科に入局、平成元年の退局まで以下の研究を行なう。抗生物質の薬剤耐性の研究、エンドトキシンの研究、呼吸器疾患におけるIgA陽性マクロファージの研究、起炎菌迅速同定法の研究等、日本内科学会認定内科医。
昭和52年11月
富士市立中央病院内科医長で6ヵ月派遣。
昭和52年12月
医学博士の学位を授与される。
ニューヨーク アカデミー オブ サイエンス アクティブメンバー
昭和57年6月
富士市立中央病院内科科長で1年派遣。
日本内科学会指導医。(東京慈恵会医科大学第三病院内科)
平成元年
漢方を中心とした内科クリニックを日野市高幡に開業。
第1回(財)日本漢方医学研究所漢方研修助成基金奨励賞受賞、日本東洋医学会専門医。
平成3年
(財)日本漢方医学研究所評議員を委嘱。
(財)日本漢方医学研究所附属渋谷診療所医局長を任命される。
平成5年
(社)日本東洋医学会評議員に選任。東京都部会幹事。
平成7年
日本東洋医学会理事に就任。
この間、同会編集委員会副委員長、データベース委員長副委員長を委嘱される。
(財)日本漢方医学研究所理事、同研究所機関誌「活」編集委員。
(社)日野市医師会理事、(社)東京都医師会編集委員会委員。
医療法人 方伎会を設立。理事長、石川クリニック院長、現在に至る。
平成9年
11月に日本臨床漢方医会が創設され、事務局長・理事。 東京都編集委員会副委員長、日野市消防救急業務連絡協議会理事、日本東洋医学会編集委員会委員長、同データベース委員会委員長、同50年史編集委員会委員長、同健康保険問題特別委員会委員、同関東甲信越支部副支部長。
平成11年
日本東洋医学会企画運営委員会オブザーバー、同会用語委員会オブザーバー、(社)日野市医師会副会長、社会福祉法人日野市社会福祉協議会評議員、(財)日本漢方医学研究所常務理事、東京都医師会編集委員会委員長、国際東洋医学会日本支部評議員。
平成12年
多摩南部地域病院運営協議会委員。
平成14年
日野市立病院運営協議会委員、日野市地域保険協議会員、第2期日野市介護保険事業計画作成委員会委員。
(社)日野市医師会会長
平成15年
日野市社会福祉協議会の生活福祉資金調査委員、日野市・多摩市及び稲城市における公立学校の合同結核対策委員会員。
(社)日野市医師会会長
平成16年
(社)日野市医師会会長
東京都医師会 功労賞受賞
平成17年
東京慈恵会医科大学非常勤講師(漢方担当)
平成17年3月
(社)日野市医師会会長 退任
平成17年5月
日本東洋医学会常務理事、日本臨床漢方医会理事長 就任
平成19年4月
東京慈恵会医科大学客員教授 就任
平成21年6月
日本東洋医学会常務理事、日本臨床漢方医会理事長 退任
第60回 日本東洋医学会会頭に選任される
平成23年
日本東洋医学会会長、日本東洋医学会監事、日本医学会評議員
日本専門医機構評議員、JLOM議長 就任
平成27年
日本東洋医学会会長 退任
日本東洋医学会名誉会員。 
平成28年6月
日本臨床漢方医会理事長 就任